目のクマはお灸で改善されますか?

pj   2015年4月30日   コメントはまだありません

目のクマには青グマ・茶グマ・黒グマなどがあり、クマができてしまう原因に違いがあります。

まず、睡眠不足や血行不良などが原因で生じるのが「青グマ」です。

目の皮膚が人よりも薄く、肌が白い人は、とても目立ってしまうものです。

この青グマの方は、目の血行を改善することで、必然的にクマが目立たなくなる可能性があります。

これに対して、茶グマは紫外線の影響や色素の沈着によってメラニンができることで生じるものです。

そのため、血行の良し悪しとは無関係なものですので、ハイドロキノンなどの有効な美容成分を用いる治療が適しています。

また、落とし切れなかったアイメイクが原因で茶グマとなってしまうこともありますので、普段のメイク落としにも注意して行う必要があります。

また、たるみやシワなどで黒ずんで見える黒グマについても、お灸による血行改善ではなく、エイジングケアが必要になります。

ハイドロキノンなどの美容成分が配合されたコスメを使うなど、日頃からのお手入れで改善できるものとなります。
これらのことから、お灸による目のクマの改善が期待できるのは、クマの中でも「青グマ」によるものだけと考えられます。

目のお灸を簡易灸などでしてしまうと、やけどの原因になりますので、専門の鍼灸院などに通うようにしてください。

1回あたり4000円~5000円程度の費用がかかってしまいますが、全身の血行改善に効果が見られるものです。

また、目のお灸は、本来は「クマ」を目的としたものではなく、「眼精疲労」の改善などが目的となっています。

目を中心とした血行が改善されることで、一時的にクマが目立たなくなる、という事例があります。

そのため、眼精疲労や片頭痛・倦怠感などの症状もある方は、お灸をすることで目のクマの改善に期待できることがあります。

しかし、目のクマの改善を目的としている場合は、通常は、ハイドロキノンによるエイジングケア、漂白を行ったり、あるいは、手術や注射などの外科的治療が選択されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>